スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防犯の基礎知識 vol.2

【日本の間違った防犯】

日本の防犯、3つの間違い点。

1. 事後対処に偏った防犯
2. ハードに頼り過ぎる防犯
3. 受身な防犯


今回は「2. ハードに頼り過ぎる防犯」について紹介しましょう。

---
2. ハードに頼り過ぎる防犯

日本の防犯活動は、ハードに頼り過ぎる傾向があります。
ハードとは、道具や機械など、人間の能力を補助するツールです。
これらハードを使いこなすのは、ソフト。
つまり、私たち一人一人の知識や技術,能力です。

街中でよく、「防犯カメラ作動中」という表示を見かけます。
残念ながら、これらの中で「防犯カメラ」としてしっかりと
機能しているものは数少ないのです。

数年前、刃物を持った人が学校に侵入し、子どもたちを
傷つけるような事件が数件起きました。
侵入された学校の中には、「防犯カメラ」が設置されていた
ところもありました。
しかし、事件は起きてしまいました。
なぜなら、「防犯」されていなかったからです。

「防犯カメラ」とは、「犯罪などを未然に防ぐための監視装置」
であって、「事件後、犯人を見つけるための録画装置」ではありません。

しかし、「防犯カメラ」と言われているものの多くが、
ただ作動しているだけで、「防犯機能」が欠けています。
カメラの目の前で事件が起きても、“ただみているだけ”の道具です。

防犯には、3つのステップがあります。

 1.防止
 2.検出
 3.対応


まず、事件や事故を未然に防ぐ努力を行う「防止」,
防止できず、事件や事後が発生してしまった際に
平穏状態が侵されたことにすぐに気付くための「検出」,
そして検出した際、迅速かつ的確に行うべき「対応」。

この3つが揃っていて、初めて防犯が機能します。

カメラが設置されていたにも関わらず、刃物を持った
人物によって子どもが殺傷されたある学校のケースを
分析してみましょう。

この学校には、防犯カメラと言われるカメラが
2台設置されていました。
犯人がこの学校に侵入する前、カメラに映っていましたが、
そのカメラの映像を映し出すモニター(画面)は、
その日出張で不在だった、職員室・副校長先生のデスクの
後ろに設置されていました。

つまり、カメラが不審な状況を映し出していても、
検出できる状態ではなかったのです。

では、その日副校長先生が学校にいたら、どうだったのでしょうか…。

残念ながら、結果は同じだと思います。

なぜなら、日中、ずっとモニターを監視しているほど、
暇な副校長先生はいないからです。

では、日中モニターをずっと監視できるほど、暇な副校長先生
だったら、どうだったでしょうか…。

それでも、結果は同じだと思います。

モニターを見ていたとしても、そこに映し出される人物が、
不審者や不審者ではないか、判断できる能力を持っていなければ、
それはただテレビを観ているのと同じだからです。

ではさらに、不審者を見分けられる能力を持った
暇な副校長先生が、モニターしていたらどうだったでしょうか…。

残念ながら、まだ結果は同じです。

不審者を見分けられたとしても、その相手に対し、的確かつ迅速な
対応が取れなければ、不審者を見分けられても意味がないためです。

つまり、防犯カメラというハードを一つ使いこなすためには、
さまざまなソフト面の能力が、人間に求められる、ということです。

本当に「防止効果」がある対策をし、その「防止」を破られた際に
いち早く状況を「検出」し、そして迅速・適切な「対応」を行う。
これが、防犯活動です。

残念ながら、防犯カメラを設置したり、防犯ブザーを子どもに持たせたり、
護身用品を持ち歩いたりするだけでは、防犯はできないのです。

残忍な事件や事故が起こると、とにかく何か対策をしなくてはならない、
と人は考えます。
しかし、防犯教育やセキュリティ教育が遅れている日本では、
ソフト面の向上が難しいため、結果、ハードだけに頼る防犯活動を
行いやすい傾向があります。

今の日本で求められる本当の防犯活動は、ハードよりも、
ソフトを充実・向上させることです。

正しい防犯の知識と意識を、正しい防犯教育の中で養う必要があります。

もし、防犯ブザーの使い方だけや、護身術だけの指導,サスマタや
防犯グッズの使い方だけを指導するような防犯教育があったのなら、
すぐに訂正する必要があります。

ソフトがないのに、ハードは機能しないからです。


SECURITY JAPAN.NET
www.securityjapan.net

Security Consultant
小山内秀友(CCTT)
http://www.cctt.cc/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

SECURITY JAPAN .NET

Author:SECURITY JAPAN .NET
セキュリティ・セーフティ・警備・警護・
防犯・危機管理の情報ネットワーク。
Twitterでは、最新ニュースを随時
更新中! Twitter:SECJPN

http://www.securityjapan.net/
http://twitter.com/secjpn/

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。